コードレスで自動で充電してくれるデジタルフォトフレーム「Acanvas」

Acanvasは、コードレスで自動で充電をする壁掛けデジタルフォトフレームです。

バッテリーが内蔵されており、また本体と充電機器とは分離されているためコードレスになっており、壁に掛けていても見た目を損ねることがありません。

Acanvasは額縁なしでそのまま飾ることもできますし、用意された2種類の額縁をつけて飾ることもでき、部屋の雰囲気に合わせて選択できます。

左から、額縁なし、ブラックブラウン、シルバー

自動で充電してくれる

Acanvasは本体にバッテリーが内蔵されているのでコンセントに繋げておく必要はなく、コードは見えません。
その代わり本体とは別の充電ドックをコンセントに繋いでおき、Acanvas本体に付いている充電用アダプタをドックに挿して充電します。

ここで特徴的なのが、アダプタを自分でドックに挿す必要はなく、外出時や部屋が暗くなると自動でしてくれることです。

自動で充電してくれるのでバッテリー残量を気にする必要はなく、いつでも写真や絵を鑑賞することができます。

複数を連結させられる

Acanvasは1つだけで使うこともできますが、1つの絵を複数のAcanvasで表示させることもできます。
Acanvas1つだけだと絵の一部を切り取って表示することになりますが、複数使えば絵をより広く表示できて迫力が増すでしょう。

部屋の雰囲気を変えられる

Acanvasには自分の好きな写真や絵を表示させることができ、Wi-Fi通信もできるので外出先からAcanvasの内容を変更することもできます。

またオプションでアートステーションにアクセスすることができるようになり、そこには様々なアーティストやジャンルの絵があるので、自分の持っている写真等とはまた違った雰囲気のものをAcanvasに表示できるでしょう。

アートステーション

スペック

Acanvasのスペックは以下の通りです。

サイズ
フレームなし:332.4 x 555.2 x 36 mm
フレームあり:484 x 770 x 50 mm
重さ
フレームなし:4.9kg
フレームあり:6.5kg
モニタ
23インチ
解像度1080 X 1920
視野角178度
バッテリー
4-5時間持つ
自動で充電する
その他
縦向きのみ。横向き不可。

おわりに

一般的なデジタルフォトフレームと違って、コードレスで自動で充電してくれるところがいいですね。

iPadなどのタブレットをデジタルフォトフレームとして使うこともできますが、このコードレスと自動充電の点でデジタルフォトフレームとしてはAcanvasの方が優れているのではないでしょうか。

Kickstarter
Acanvas: The cord-free art display and streaming platform

スポンサーリンク