バターを溶かしてスプレーできるようにする機器「biem」

料理・お菓子作りにバターを使用している人は多いと思います。

バターは保存時は固形で使用時に溶かして使いますが、わざわざ溶かすのが面倒だと思っている人はいるでしょう。

そんな人のための機器がKickstarterにありました。

スポンサーリンク

固形バターを溶かしてスプレー

biemは、固形バターをスプレーできるようにする機器です。

スプレーするので、わざわざ自分で引き延ばしたり溶かしたりする必要はありません。

biemにバターを入れれば準備完了です。あとはパンにでも、フライパンにでもバタースプレーを吹きかけるだけです。

スイッチのON/OFFを気にする必要はなく、スプレーしようとする動きに合わせて自動でON/OFF切り替えてくれます。

biemに入れられたバターは一気に溶かされるのではなく、スプレーする分だけ溶かされます。

スプレーには可燃性のガスなどは使用していなく、熱と空気のみを使用しています。

biemはそのまま冷蔵庫にしまえます。中のバターを取り出す必要はありません。

biemを洗うときは簡単で、水と洗剤をいれて電源ボタンを2秒間押すとクリーニングモードになります。

充電時間は30分で、1度の充電で連続でバター5、6本分スプレーできます。

biem

バターを入れて

フライパンにスプレー

パンにスプレー

ポップコーンにスプレー

洗うのは簡単

スペック

biemのスペックは以下の通りです。

サイズ
幅:2.4インチ(6.1cm)
高さ:10インチ(25.4cm)
重さ
680g
バター融解温度
35度
スプレーは触っても熱くない
スプレー方法
空気と熱のみ
可燃性ガスとかは未使用
スプレー量
毎秒0.45g
洗浄方法
水と洗剤をいれて電源ボタンを2秒間押すとクリーニングモードへ移行
充電時間
30分
バッテリー持続時間
1度の充電でバター5、6本分スプレー可能
その他
そのまま冷蔵庫にしまうことができる

おわりに

バターをスプレーして使うという発想が凄いですね。思いつきません。

確かに固形のままで使うことはなく溶かして使う訳ですから、溶かす機器があってもおかしくはないですね。

その発想はなかったと思わせてくれる素晴らしい発明ではないでしょうか。

Kickstarter
The biēm Butter Sprayer

スポンサーリンク