いつも通りの氷を作る方法で透明な氷を作れる容器「ICE.MADE.CLEAR.」

氷を作ろうといつもの製氷容器に水を満たし冷凍庫に入れると、白く曇った氷が出来上がります。

しかしそんないつも通りの方法でも、透明な透き通った氷を作れる容器が登場しました。

スポンサーリンク

ICE.MADE.CLEAR.の使い方

ICE.MADE.CLEAR.を使って氷を作ると透明な氷を作れます。

使い方は従来の方法と変わらずシンプルで簡単です。
1.容器に水を満たして、2.冷凍庫に入れて凍らせるだけです。

氷が白くなるのは空気が含まれるからだそうです。
透明な氷は白い氷と比べて味が良くて、溶けにくいとのことです。
そしてもちろん見た目が圧倒的にキレイです。

スペック

ICE.MADE.CLEAR.は2インチと1.25インチの氷を作る型とベース部分で構成されます。
ベース部分の横幅は14.6cmです。


製氷時間は2インチの氷は約1日で、1.25インチの氷は8時間かかります。

おわりに

白い氷に比べて透明な氷の方が味が良くなるそうですが、これでカキ氷を作るとやっぱり美味しいのでしょうか。

興味ありますが、送料高すぎィデス。

Kickstarter
ICE.MADE.CLEAR.™ Tastes better, Melts slower, Looks stunning

スポンサーリンク