裏返すだけでLightningとmicroUSBを変換できるケーブル「LMcable」

LightningとmicroUSBの2種類のケーブルに煩わしく感じたことがある方は多いでしょう。

実際にこの問題を解消するため、数多くの変換アダプタやアタッチメント式のケーブルが販売されています。

しかしこの度Kickstarterで、この問題に対する新しい解決方法が提案されました。

スポンサーリンク

コネクタを裏返すだけで変換できる

LMcableはコネクタを裏返すだけでLightningとmicroUSBを変換できるケーブルです。

変換アダブタやアタッチメント式のように被せないので、片手で扱えます。

1本のケーブルでコネクタを裏返すだけで変換できます。
LightningとmicroUSBを合体させ1本のケーブルにし、コネクタを裏返してiPhone, Android端末に両方挿している

同じケーブルだが、LightningとmicroUSBポートに挿し込んでいる

LMcableの長さは1mで、2.4Aの出力に対応とのことです。

留意しておくこと

LMcableについて一つ留意しておくことがあります。

LMcableは、この記事の時点では、AppleのMFi認証を未取得です。

MFi認証とは、簡単に言うとAppleがその品質を認めているかどうかということです。

そのためMFi認証未取得のLMcableを使用するかどうかはよく考える必要があります。

プロジェクトチームはMFi認証取得について、現在ベストを尽くしているとのことです。

プロジェクトの募集期間が終わるまでには、MFi認証を取得できていようとなかろうと報告すると言っています。

おわりに

LMcableが何故裏返すだけでLightningとmicroUSBに変わるのかイマイチよくわかりません。

ただプロジェクト開始から24時間以内で目標金額が集まっていることから、多くの人が期待を寄せていることがわかります。

Kickstarter
LMcable | The world’s first IOS & Android Common Connector

スポンサーリンク