首に掛けて悪い姿勢を正すよう促すウェアラブルデバイス「ALEX」

ノートパソコンやスマホに夢中になっていると、つい画面を覗き込む姿勢になってしまいます。

そしてそのような悪い姿勢が続くとやがて首や肩や背中などが痛み出し、さらに長期的には脊椎に深刻な影響を及ぼしかねません。

マッサージで一時的に痛みや凝りを和らげることができても、根本の姿勢を直さなければまた繰り返してしまいます。

そこでそんな姿勢の悪さを正す手伝いをしてくれるものがKickstarterにありました。

スポンサーリンク

姿勢が悪いと振動して正すように促してくれる

ALEXは、姿勢が悪いとそのことを教えてくれ、姿勢を正すように促してくれるウェアラブルデバイスです。

まず首の後ろについた測定部分が首の角度や頭の位置を常に追跡し、姿勢が悪いかどうかを判定します。
そして姿勢が悪い状態が数秒続くと優しく振動して、姿勢を正すように促すという仕組みです。

スマホのアプリ上に自分の姿勢の状態が表示され、姿勢を正していくとともにリアルタイムでアプリ上の姿勢も変化していく様子

姿勢のデータは記録され、専用アプリで確認できます。

スマホのアプリ上に姿勢データをグラフ表示

スペック

ALEXのスペックは以下の通りです。

サイズ
  • ALEX本体横幅:80mm
  • ツルの長さ:105 – 160mm
  • ツルの幅:100 – 170mm
重さ
25g
バッテリー
1日10時間の使用で、7日間持続
充電時間
ゼロから満タンまで2時間
設定方法
専用アプリで自分の最適な姿勢を記録させることや、振動までの時間、振動の強さを設定可能
対応OS
iOS、Android
接続方法
Bluetooth LE
その他
  • 姿勢のデータはクラウドで保存
  • ALEXとアプリが同期するまでは4週間分の姿勢データを溜め込める
  • 耳にかけるツルの長さは調整可能

ALEXの外観およびサイズ

おわりに

ALEXは首や肩などの痛みやコリを取り除くものではなく、ただ姿勢を正すよう促してくれるものです。
そのため正しい姿勢を身体が覚え込んでしまえば、もはやALEXを身に付ける必要がなくなります。

そういえば昔、ALEXと同じような仕組みでお腹につける機器があったのを思い出しました。
お腹を緩めると振動して引っ込めるよう促して腹筋を鍛えるやつです。

それの首バージョンみたいなものですね。

Kickstarter
ALEX, Wearable Posture Tracker and Coach

スポンサーリンク