自動で過充電を防止してくれる充電ケーブル「UsBidi」

スマホ/タブレット、ノートパソコンを過充電してしまうと、バッテリーの寿命を縮めてしまいます。

過充電はバッテリーの寿命を縮めるだけでなく、異常に発熱したりバッテリーが膨らんで他の機能に影響を及ぼしたりします。

そのため充電には気を使う必要があり、正直面倒です。

しかしそんな問題を解決をしてくれる充電ケーブルがIndiegogoにありました。

スポンサーリンク

充電完了すると自動で電源から切り離してくれるケーブル

UsBidiは、充電が完了すると自動で電源から切り離して過充電を防止してくれるケーブルです。

内部の回路が充電が完了すると充電ケーブルを抜いたのと同じ状態にしてくれます。

そのためうっかり充電ケーブルを挿したまま寝てしまっても心配ありません。

その他UsBidiには充電速度を早くする機能があります。

通常パソコンのUSBポートに繋いで充電しようとすると、充電と同時にデータの同期も行われるためその分充電が遅くなります。
しかしUsBidiにはデータの同期をオフにできるボタンが付いており、ボタンを押せば充電に専念でき通常より約2倍早く充電できます。

UsBidiにはLEDインジケータがあり、充電状況を一目で確認することができます。
プラグの先端はマグネットになっており、磁石にペタリとくっつけることができます。

UsBidi

充電が完了すると、内部回路が自動で電源から遮断してくれる

データの同期をやめて、充電に専念する

スペック

ケーブル種類
Lightning(MFi認証取得済)
microUSB
USB Type-C
ケーブルの長さ
Lightning、microUSB:0.3m, 0.9m, 1.8mの3種類
USB Type-C:1.2m
対応USBバージョン
Lightning、microUSB:USB 1.0/2.0/3.0に対応
USB Type-C:USB 3.1
対応電流
Lightning、microUSB:2.4A
USB Type-C:3A
その他
Qualcomm社のQuick Chargeに対応

おわりに

スマホ/タブレット、ノートパソコンを大事に使おうと保護ケースや液晶保護シートを付けることはできますが、バッテリーにはそんなものはなく自分で気をつけるしか方法はありませんでした。

UsBidiのようなバッテリーを長持ちさせる賢い充電ケーブルを、パソコンメーカーも当たり前のように提供してくれるようになると助かります。

Indiegogo
UsBidi- The World’s Most Intelligent Charger Ever!

プロジェクトのその後

プロジェクトがその後どうなったかを確認してみました。(2017年1月下旬確認)

プロジェクトは目標金額を大きく上回って成功していました。
しかし、プロジェクトページのコメントを覗いてみると、ほとんど目につくのは
「まだ届かない」
「今どこにあるのよ」
「お金をかえして」
「詐欺だ」
「メールを送っても返信がない」
といったものでした。

一方、ほんの一部ですが受け取った人もいて、使用した感想を書いていました。

「しっかり過充電を防いでくれてる」
といったポジティブなものが少しで、

「最初は良かったが、数ヶ月後には充電中のiPhoneに触れただけで接続が切れる」
「注文した3つ全て、私のiPhone 6sを100%まで充電してくれない」
「3つ買ったが1つしか使えなかった」
といったネガティブなものがほとんどでした。

スポンサーリンク