自宅周りの気温や風速などを測定できるマイウェザーステーション「WeatherFlow」

WeatherFlowは、自宅に設置するウェザーステーションです。

自宅の周りに設置して、日射量、紫外線、風速、気温、湿度などを観測することができ、観測したデータはスマートホームのために利用することができます。

SKYとAIR

WeatherFlowはSKYとAIRの2つの機器で構成されています。

SKYは、雨が降ってきたこと、風速・風向、日射量・紫外線を観測します。

AIRは、雷の検知、気温、湿度、気圧を観測します。

SKYとAIRはそれぞれ設置場所が異なっていて、SKYは屋根の上など空の状態がよくわかるところに設置し、AIRは日照りで温度が上がるのを避けるために日陰に設置します。

SKYとAIRは両方ともWiFiとBluetooth LEで通信することができ、バッテリーは1年以上持ち、防水です。

スポンサーリンク

観測したデータの利用

SKYとAIRで観測されたデータは専用のアプリで確認することができます。
またデータをWeatherUndergroundのような気象サービスにアップロードして、世界中のどこでも自宅周辺の気象情報を確認することもできます。

その他SKYとAIRはネットワークに繋げられるので、例えば紫外線が強いから日焼け止めを塗るように通知を送る、日が沈んできたので玄関の灯りを点けるなど、他のネットワークと繋がった機器と連携を取ることができます。

おわりに

自宅専用のウェザーステーションを設置すれば、より一層自宅のスマートホーム化を進められるのではないでしょうか。

また自宅に設置する以外に持ち運ぶこともできるので、雷検知が付いているAIRを持ち歩いていればサッカーや野外ライブなどでの落雷に備えられるのではないでしょうか。

Indiegogo
WeatherFlow Smart Weather Stations

スポンサーリンク